日次記-hinamiki-

旅と写真と日々の記録を。

名古屋で2018年の撮り納めをしました。#たこさんぽ

f:id:tk9305:20190113184427j:image

皆さま、あけましておめでとうございます。2019年、はやくも2週間過ぎています。本年もゆるゆると書き綴っていきますが、どうぞよろしくお願いします。

年末のお話となりますが、名古屋でのフォトウォーク「#たこさんぽ」に参加してきました。

(ざっくりとした内容はnoteにて公開済みです。合わせて見ていただけると嬉しいです。)

主催者は『たこさんちゃんねる』のカトウタクミさんと『No.26』のニシムラタクヤさん。

こういったイベントには初参加です。前々からフォトウォークに参加してみたいなぁと思っていたところ、Twitterでの告知を発見。

これはいい機会だ!と思い、参加表明しました。

伏見駅から、白川公園へ

新しいカメラリュックの中にFUJIFILM X-T2とCONTAX Aria、Konica BiGmini Fの3台を忍ばせ、名古屋は伏見駅へと向かいました。生まれも育ちも愛知県の私ですが、行動範囲は名古屋と逆方向のため滅多に遊びに来ません。土地勘が全然ないので、今回のフォトウォークでは見るもの、撮るものほとんどが新鮮なものばかりでした。

この日集まった人数は16人。フォトウォーク一行は白川公園へと歩き出します。伏見駅を出てすぐの大通りを左手に入ると、都会によくあるビルの間の細い道。何を撮ろうかな…と周りの景色に目移りしたり、初対面の方々に緊張していたりでなかなかシャッターが押せずにいました。

f:id:tk9305:20190111192312j:image

天気のいい1日でした。何より陽の光がいい。この1枚は陽の暖かみを感じるのでお気に入りです。

少し進むと、名古屋市科学館のプラネタリウムのでかでかとした球体が突如現れました。「これが名古屋のプラネタリウムかぁ〜」なんて思っていたら、ここでも写真を撮り忘れていました。そんなこんなで白川公園に到着です。

f:id:tk9305:20190111195122j:image

公園では参加者全員でかるく自己紹介をしました。この時一番緊張していたけど、一通り皆さんの紹介を聞いてホッとしました。フォトウォーク初参加の方が多いことを知ったからです。自分だけではないんだな、と緊張感もほぐれ、自己紹介後は写真も気軽に撮れるようになっていました。

f:id:tk9305:20190111200358j:imagef:id:tk9305:20190113162616j:imagef:id:tk9305:20190111201347j:imagef:id:tk9305:20190113155930j:imagef:id:tk9305:20190111201345j:image

気のせいですかね、この辺りから皆さんの笑顔をよく見るようになった気がします(^_^)

f:id:tk9305:20190111201650j:image

この1枚はBiGminiで撮影。実は2年ぶりに使いました。よく写りますね◎(故障により残念ながら日付データが写っていません)

橋と高架下とフィルム

白川公園から次は大須観音方面へ向かいます。ここではフィルムで6枚撮りました。まずはCONTAX Ariaで3枚。

f:id:tk9305:20190111202934j:image
f:id:tk9305:20190111202923j:image
f:id:tk9305:20190111202911j:image

高架下はガラッとしているけど、かっこいいポートレートが撮れそうですね。次にBiGminiで3枚。

f:id:tk9305:20190111202939j:image
f:id:tk9305:20190111202918j:image
f:id:tk9305:20190111202928j:image

フォトウォークの様子や雰囲気がよくわかって見ていて楽しい。そして、右端のガニ股に見えるアヒルちゃんにじわじわきます。そんなアヒルちゃんを撮影。

f:id:tk9305:20190111210019j:image

大須観音と商店街

さて、大須に到着。大須は遊びに来たことが何度かありますが、迷子になりそうになります。

f:id:tk9305:20190111211847j:image

まずは大須観音から。伏見駅から白川公園付近までは人も少なかったけど、大須観音は人でいっぱいです。"年の瀬"を感じます。

f:id:tk9305:20190111211725j:image
f:id:tk9305:20190111211516j:image
f:id:tk9305:20190111212249j:image

大須観音といえば鳩のイメージです。さて、次は大須商店街へ。

f:id:tk9305:20190111212659j:imagef:id:tk9305:20190113020847j:imagef:id:tk9305:20190113155901j:image

ちょっとメインストリートに入ると、人でごった返していました。フォトウォーク一行を見失うこともしばしば。そんな時はちょっと裏路地で撮影を。

f:id:tk9305:20190113172816j:image
f:id:tk9305:20190113172422j:image
f:id:tk9305:20190113172542j:image
f:id:tk9305:20190113172812j:image
f:id:tk9305:20190113172535j:image

狭い道って楽しい。京都の先斗町や寺町・新京極が好きなのですが、似たものを感じます。

f:id:tk9305:20190113172843j:image

一行と合流。喫茶店での休憩組とフォトウォーク組で分かれました。私は喫茶店組です。コンパルという昔ながらな雰囲気漂う喫茶店に行きました。結構お客さんも多く、店員さんもバタバタ。人気のお店なんだなあという印象です。

f:id:tk9305:20190113172955j:image

私は紅茶をいただきます。お茶中は各々撮った写真の確認だったり、Twitterでハッシュタグをつけての近況ツイートだったり、写真やブログに関するお話をしたりしてまったりと過ごしました。

栄を目指します。

休憩も終わり、いよいよフォトウォークも終盤。大須から矢場町を抜け、栄へと向かいました。

f:id:tk9305:20190113173042j:image
f:id:tk9305:20190113173051j:image
f:id:tk9305:20190113173035j:image
f:id:tk9305:20190113173047j:image
f:id:tk9305:20190113173039j:image

栄といえば、テレビ塔とサンシャインの観覧車とドンキ。だいぶ陽も陰り、寒くなっていました。集合写真を撮り、フォトウォークは終了です。

f:id:tk9305:20190113173119j:image
f:id:tk9305:20190113173105j:image
f:id:tk9305:20190113173116j:image
f:id:tk9305:20190113173109j:image

この後名古屋駅へ戻り、懇親会もしました。会場は世界の山ちゃん。名古屋といえば、手羽先です。私にとっては人生初の山ちゃんでした。

f:id:tk9305:20190113173234j:image

スパイスが効いてることで有名ですが、その通り。とても美味しかったです。懇親会中も写真やブログの話など、いろいろなお話ができ、こういう機会があるっていいことだなと思いました。

皆さんの「#たこさんぽ」はこちらから

・カトウタクミさん

・ニシムラタクヤさん

・ろんすたさん

・リなさん

・からあげさん

・くじらのくらしさん

・ケイスケさん

・DAIKIさん

・Miyachiさん

フォトウォークを終えて思うこと

初めてのフォトウォークを終えて、参加してよかった!という気持ちが自分の中に強くあります。同じ趣味を持つ人達への興味は湧いてくるものです。参加することで繋がりができることも嬉しいですが、自分1人だったら知り得ないような情報を聞くことができるおもしろさを感じました。2019年はこのご縁を大事にしてもっと写真を楽しんでいきたいです。

最後になりましたが、主催のお二人企画していただきありがとうございました。

f:id:tk9305:20190113173256j:image

次回の開催を楽しみにしています!

 

お買い物から振り返る、2018年

f:id:tk9305:20181231232824j:image

こんばんは、2018年ラストギリギリの更新となります。

先日のこと、『No.26』を運営されているニシムラさんがこんな記事を書かれていました。

読んでいて写真や機材がいかに大好きなのかということが伝わってきたし、この時どんな理由で買ったかなど、まとめる事で振り返れるのがおもしろいなと思いました。

ということで、ラスト30分で私も買い物から2018年を振り返ってみようと思います。

iPad Pro 12.9インチ 512GB Wi-Fi

f:id:tk9305:20181231232328j:image

今年のはじめ頃からRAWで撮って現像することを覚えました。当初パソコンでの現像を試みていましたが、パソコンじゃなくてもできてしまう。そんな時、写真のレタッチ用に欲しいな~と思ったのがiPad Proでした。サイズはA4サイズに近い12.9インチ。少し重いけど、画面が大きいからスケッチブックのように使えるのはすごく便利。Apple Pencil(第1世代)も後々買いました。細かな部分修正を行う際には重宝してます。(2018年4月購入)

FUJIFILM X-E2

f:id:tk9305:20181231193511j:image

よく使うカメラはFUJIFILM X-T2なのですが、少し重い…かな?と思うようになりました。そこで気になったのがFUJIFILM X-E3です。レンジファインダーだし、サイズ的にも少し小さめなので、サブ機にいいかな、と。

結果、仲間入りしてきたのはFUJIFILM X-E2でした。「え、X-E3はどうなった?」と思われることしょう。理由はまたどこかで。

X-E2は本当に買ってよかったカメラです。旅行などでアクティブに使えます。シャッター音が少しメカニックな感じで味があって好き。個人的にはCarl Zeiss PlanarT* 50mmf1.4との組み合わせがお気に入りです。

f:id:tk9305:20181231205230j:imagef:id:tk9305:20181231205301j:imagef:id:tk9305:20181231204053j:image
f:id:tk9305:20181231204048j:image(2018年5月購入)

XF35mm F2.0

f:id:tk9305:20181231211617j:image

私にとって初めてのFUJINON単焦点です。夏のボーナスを機に購入しました。XF35mm F1.4とも悩みましたが、XF16mmも一緒に購入する予定だったため、財布と相談をして今回はF2にしました。

f:id:tk9305:20181231212825j:image

f:id:tk9305:20181231210925j:image
f:id:tk9305:20181231212851j:image
f:id:tk9305:20181231214825j:image

50mmの画角で撮れるって素晴らしいなと再確認。ちょっと引かないといけないけど、テーブルフォトもまぁまぁいける。カリッとした写りでかっこいい写真が撮れます。開放時のボケ具合も気に入っています。特にF2はX-E2にの見た目もかっこよくなりますしね。

それでもF1.4はいろんな人から"ヤバイ"と聞くので欲しいです。(2018年6月購入)

FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF2R WR B ブラック

FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF2R WR B ブラック

 

XF16mm F1.4

f:id:tk9305:20181231211632j:image

 初めての広角。感動を与えてくれたレンズです。景色を撮るのもOK、ポートレートもOK、そして寄るのもOK。これ1本でもだいたい自分の撮りたいものは撮れるんじゃないかな…。

f:id:tk9305:20181231215101j:imagef:id:tk9305:20181231215259j:image
f:id:tk9305:20181231215105j:image

やってみたかった星空撮影時には本当に感動しました。

f:id:tk9305:20181231214454j:image

家の駐車場からなのでもっと山で撮ってみたい。(2018年6月購入)

FUJIFILM フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR

FUJIFILM フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR

 

Super-Multi-Coated TAKUMER 50mm F1.4

f:id:tk9305:20181231193535j:image

会社の方からいただいたオールドレンズです。要らないからって、タダでくれるとは思わなかった。正直持っているCarl Zeiss Planarと距離・F値共に丸被りなんですが、これはこれで好きなレンズです。コスモス畑に行った時には描写に感動しちゃったなぁ。(2018年9月入手)

f:id:tk9305:20181231212455j:imagef:id:tk9305:20181231204450j:image

f:id:tk9305:20181231205444j:image

FUJIFILM X-Pro2

f:id:tk9305:20181231235147j:image

絶対買うもんかと思っていたんです、本当は。これ以上カメラを増やしてどうするんだ、と葛藤がすごかったのに買ってしまったきっかけがこちらです。

f:id:tk9305:20181230083516j:image

うちのFUJIFILM3兄弟…手前からX70、X-E2、X-T2です。これはiPhoneで撮影したのですが、この3台を撮影するためのFUJIFILM機が欲しい…なんて思っちゃったんですよね。

「FUJIFILMを、FUJIFILMで撮る。」

何言ってんだろうと思いつつ、気持ちは一直線。気づいた頃にはヤフオクで美品を落札していました。

そして感想は…、

罪深いことをしてしまった。F2+純正フードの組み合わせ、エロいです。(※美しい・神々しいという意味で使ってます)

操作も右手で完結する作りで、なるほどスナップやポートレートが捗るわけだと納得。まだ持ち出し回数が少なく、使いこなせていないので徐々に覚えていこうと思います。

f:id:tk9305:20181231233112j:image
f:id:tk9305:20181231233117j:image
f:id:tk9305:20181231233143j:image

とにかく私にとっては神や仏のような存在です、合掌。(2018年11月購入)

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

 

私の2018年とは…

物欲が大爆発した1年でした。真面目に考えると、今年は心に余裕が持てないことが多かったのが原因なのかな〜と思ってます。多分。

それでも、今年ほど写真撮ることにのめり込んだ年は今までありません。なんやかんやで充実した1年だったと思うので良しとします◎

あと数分で来たる2019年は、今年買った機材でもっと色んなものを撮影しに行きたいなと思います。もちろん欲しいレンズがあれば、財布と相談しつつ買いますが。好きなものこそ頑張りたいなという気持ちがあるので、撮影も、編集ももっと勉強していきたいですね。

そして、今年何度かおみくじを引いたのですが、どのおみくじにも「出費に気をつけよ」と書かれていました。じゃあ出費を控えるぞ!と思っていたのに大出費…。これを機におみくじを信じようと思います。

 

それではみなさん、よいお年をお過ごしください。

写真家・蜷川実花さんの個展へ

f:id:tk9305:20181113205937j:image

現在地元で開催中の写真家・蜷川実花さんの個展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」へ行ってきました。こういう場に行くことが初めてだったので、記録しておこうと思います。

 

蜷川実花
木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がける。監督作品、『さくらん』、『ヘルタースケルター』。

写真家であり、映画監督もされてらっしゃる蜷川さん。沢尻エリカ主演の映画『ヘルタースケルター』を見た時は、その映像の美しさに衝撃を受けました。内容もビジュアルもとても忠実に原作を再現されています。私の大好きな作品の一つです。

ヘルタースケルター

ヘルタースケルター

 
ヘルタースケルター (Feelコミックス)

ヘルタースケルター (Feelコミックス)

 

そんな蜷川さんの個展が地元で開催されるということを知り、「これは行かないわけがないだろ!」ってことで、すぐに予定を決めて行ってきました。

そりゃ近所で有名な写真家さんの作品が見れる事なんてそうそうないからね。

 

いざ個展の会場へ

久々に来ました、桜ヶ丘ミュージアム。入り口から蜷川さんの作品が出迎えてくれます。夜はライトアップもあるようです。さぞ美しいだろう。

f:id:tk9305:20181113211106j:image

ここに来るのは小学生の頃以来でした。春になると広場の桜がきれいなのでお花見もできます。

f:id:tk9305:20181113211049j:image

ではでは会場内へ。

入って左・右・正面の展示の様子です。上から「永遠の花」(左・右)、「桜」(正面)の展示です。こちらは撮影可能となっています。「SNSでぜひご紹介ください」と入口でいただいた案内にも記載されておりました。※こちらの展示以外の写真撮影は厳禁です。

f:id:tk9305:20181113211152j:image
f:id:tk9305:20181113211149j:image
f:id:tk9305:20181113211145j:image

やはり美しいです。蜷川さんらしい華やかな作品がたくさん。若い子やお母様方は作品の前で記念写真。もちろん私もカメラを持参。

f:id:tk9305:20181114191444j:image
f:id:tk9305:20181114191725j:image
f:id:tk9305:20181113211410j:image

鮮やかな色合いにより、写真がとても映えるので撮るのが楽しいです。会場では蜷川さんの作品を用いたグッズも多数販売されています。

 

作品の“空気感”を味わってほしい…

展示作品はもちろんこれだけではないのですが、ここでのご紹介はあえて控えておきます。直に作品に触れることで、会場の演出や作品が持つ空気感を味わうことができると思うからです。

さらに、全国の本屋さんでは今回の展示作品が収められた写真集も発売中です。予習をしてから行ってみるのもアリだと思います。会場で本物を見ることでさらに感動できること間違いなし。私も個展観覧後、作品を見返したくなり購入しました。

ちなみに、桜ヶ丘ミュージアムでの展示はあと3日…!11月17日(土)をもって終了となります。余裕持ってお伝えしたかったですが、知るのが遅すぎました;;

ですが、焦ることなかれ。今回の個展は全国巡回予定となっているそうです。お近くの方もそうでない方もお時間ありましたら、是非会場へ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

蜷川実花 虚構と現実の間に

蜷川実花 虚構と現実の間に

 

 

 

旅と写真と日々の記録、はじめます。

はじめまして。

『日次記–hinamiki–』、はじめます。

“趣味の写真撮影を通じて、日々の記録をしていきたい”

きっかけは早くも記憶力も衰えてきていることから。最近はとくに物事を覚えてないことが増え、少し危うさを感じます。どんな思い出もあやふやにはしたくない。そう思うと、その時自分はどんなことを経験し、何を思ったのかを残していきたいと思うようになりました。

ブログ名については平安時代に使われていた言葉が由来です。

読み方:ヒナミキ(hinamiki)

日々のできごとを日次を追って書き継いでゆく日記。

(出典:歴史民俗用語辞典)

「日記(ニッキ)」よりも、この言葉と読みが気に入っています。大学時代は民俗学を専攻していたこともあり、こういう言葉に魅かれてしまいます。

趣味に写真撮影と書きましたが、3年ほど前にフィルム一眼レフを手にしてから写真を撮ることが好きです。写真メインのブログとしていくので、ここで簡単に機材紹介。

フィルムカメラは主にCONTAX Ariaと写ルンですを使用しています。紫陽花はPENTAX SPというフィルムカメラで撮影しました。

f:id:tk9305:20181113233558j:image

f:id:tk9305:20181113233604j:image

最近はFUJIFILMが好きでX-T2とX-E2というミラーレスカメラのどちらかを首から提げています。フィルムカメラが最初のカメラというのもあり、オールドレンズを使用してのデジタル撮影が多いです。

f:id:tk9305:20181113233615j:imagef:id:tk9305:20181113233622j:image

カメラについても何かしら書いていこうと思っています。

そしてブログよ、おひさしぶり。自分が高校生の頃は友達や部活のメンバーでつくる「ホムペ」が流行っていた時代でした。ブログなんて呼べる大層なものではなかったけど、あの頃は部活に勤しんでいて、部活中心の内容を書いていました。「リアル」という今でいうTwitterみたいな機能があったり、アルバムページに携帯で撮ったスナップ写真を載せたり。いろんなサイトで画像や素材を探しては、今じゃさっぱりわからないHTMLタグを調べて、自分だけのページにカスタマイズしていました。簡単だけど、居心地の良い自分のホームページを作って楽しんでいたのがすごく懐かしい。また当時のようにやりたい。

カメラに興味がある方も、そうでない方も見ていただければ幸いです。まずは自分が楽しみながら日常のアレコレについて書き残していけたらいいなと思います。どうぞよろしく。